Event is FINISHED

東京地下ラボ by 東京都下水道局~下水道の魅力を、クリエイティブの力で若者が再発見~

Description

みなさんが考える下水道とはどのようなものですか? 汚い、臭い、そもそも考えたことがない。そんなイメージを打ち破り、新しい視点で下水道を見てみよう。それが『東京地下ラボ』です。平成30年度では、下水道×サンドイッチ、下水道×ファッションなどをテーマに雑誌(ZINE:ジン)を制作しました。そして今年度は、その第二弾として下水道の魅力を伝える『動画』を制作します。


本プロジェクトは、有名クリエイターの講義やアイデアブレスト、また船で隅田川~東京湾を巡るフィールドワークなど、半年間コンテンツが盛りだくさん!また、優れた動画作品は東京都下水道局の広報ツールとして、広く発信する予定です。東京地下ラボのメンバーになってみませんか?


・昨年度東京地下ラボ 実施内容(note)
https://note.mu/tokyogesuido

・ZINE紹介(東京都下水道局HP)
http://www.gesui.metro.tokyo.jp/business/kanko/chikalabo/index.html


下記項目に興味ある学生さんはぜひご参加ください!
・動画制作に興味がある方
・モノゴトの新しい魅力を探し出すのが好きな方
・SNSで情報発信することに興味がある方
・水環境問題、都市インフラ、地域活性化に関心がある方
・SDGs(持続可能な開発目標)等の社会課題に関心がある方
・学外の新しい仲間と関わって何かを作りたいと思っている方
・第一線で活躍するクリエイターや専門家から直接知識を学びたい方
・行政の事業に携わってみたい方


■プロジェクトの流れ


【学ぶ】
① ワークショップ 2019年8月20日(火)
内容:有名CMディレクターから、新しい視点の持ち方やアイデアを形にするための方法などを学びます。そして、下水道の魅力を伝える動画のテーマを考えます。
講師:東北新社取締役/CMディレクター 中島 信也氏  
開催場所:首都大学東京 南大沢キャンパス(〒192-0397 東京都八王子市南大沢1-1)

② フィールドワーク 2019年8月26日(月)
内容:午前は下水を処理する水再生センターと、クラシカルな赤レンガ造りで国の重要文化財に指定されている下水道施設を見学します。午後は船で葛西海浜公園に向かいます。公園ではプロ・ナチュラリストが下水道の普及できれいになった川に生息する生物や植物をご紹介。下水道の優れた技術等を体感できるフィールドワークです。
講師:プロ・ナチュラリスト 佐々木 洋氏
開催場所:三河島水再生センター/国指定重要文化財 旧三河島汚水処分場喞筒(ポンプ)場施設/葛西海浜公園

③ 講演会 2019年10月17日(木)
内容:ライゾマティクスアーキテクチャー 齋藤精一氏とNOSIGNER 太刀川英輔氏を迎え、都市・デザイン・未来などをテーマに今後の下水道の可能性のアイデアブレストを行います。
ゲスト:ライゾマティクスアーキテクチャー 齋藤 精一氏、NOSIGNER代表 太刀川 英輔氏
開催場所(予定):首都大学東京 南大沢キャンパス(〒192-0397 東京都八王子市南大沢1-1)

【作る】
① 動画制作打ち合わせ 2019年9月末
内容:グループの初顔合わせを行い、各グループで制作する動画の内容を決定します。
開催場所:株式会社オズマピーアール(〒102-8025 東京都千代田区紀尾井町3−23)

② 動画制作 2019年9月末~12月末
期間内に各グループでスケジュールを作成し、動画(原則30秒以内)を制作します。

【発表】
成果報告会 2020年2月12日(水)
内容:参加学生が本プロジェクトを通じて制作した動画を発表します。
審査員:中島信也氏 ほか
開催場所(予定):東京都庁(〒163-8001 東京都新宿区西新宿2-8-1)


■留意事項
・動画制作の期間中は、場所の貸出を行います。(代々木上原・国分寺・麹町)
・機材はご自身でご準備ください。
・動画制作の際に発生する活動費は、一部補助します。(ソフト使用代金や備品購入など、上限あり)
・本プロジェクトは、SNSやWEBサイトにて活動の様子を発信していきます。


■募集要項
募集人数:計30名程度 ※応募多数の場合は参加動機や意気込み等をもとに選考します。(※)応募フォームに入力欄があります。
募集期間:6月24日(月)~7月23日(火)
参加対象者:・大学生/大学院生/専門学生/高専生(学部・学科は問いません。)
      ・全日程に参加できる方(やむを得ない事情がある場合はご相談ください)
参加費:無料(現地までの交通費は各自ご負担ください。)
当選連絡:8月5日(月)以降
備考:制作した写真や作品等の著作権は、東京都下水道局に帰属します。なお、個人情報は個人情報保護法に則って管理の上、参加者への連絡、広報活動への協力を依頼する目的以外には使用しません。


■講師プロフィール

東北新社取締役/CMディレクター 中島 信也氏 (なかじま しんや)
1959年福岡県生まれ大阪育ちの江戸っ子。武蔵美視覚伝達デザイン学科卒。’83「ナショナル換気扇」で演出デビュー。デジタル技術を用いたエンターテインメント性の高い作品を数多く演出。主な作品に日清食品カップヌードル「hungry?」(’93カンヌ広告祭グランプリ)、サントリー「燃焼系アミノ式」(ACCグランプリ)、サントリー「伊右衛門」(ADCグランプリ)、TOTOネオレスト「菌の親子」(ACCシルバー)など。‘96劇場用映画「ウルトラマンゼアス」’10劇場用映画「矢島美容室the movie」を監督。武蔵野美術大学客員教授。文化放送「なかじましんや土曜の穴」パーソナリティー。

プロ・ナチュラリスト® 佐々木 洋氏(ささき ひろし)
(財)日本自然保護協会 自然観察指導員、東京都鳥獣保護員など、様々な立場で自然解説活動を展開した後、「プロ・ナチュラリスト®佐々木洋事務所」を設立。「自然の面白さや大切さを多くの人と分かち合い、そのことを通じて自然を守っていきたい」という思いのもとに30年以上にわたって、自然観察指導、自然に関する執筆・写真撮影、講演会、TV・ラジオ番組の出演・企画・監修、エコロジーツアーの企画・ガイド等を通して自然を案内している。豊富な知識、ユーモアあふれる話術、数々のオリジナル・プログラムなどで幅広いファン層を持つ。現在まで、自然観察会などへの参加人数は延べ37万人にも及ぶ。近年は、新人プロ・ナチュラリストの養成にも力を注いでいる。

ライゾマティクスアーキテクチャー 齋藤 精一氏(さいとう せいいち)
Creative Director / Technical Director : Rhizomatiks Architecture
1975年神奈川生まれ。建築デザインをコロンビア大学建築学科 (MSAAD)で学び、2000年からNYで活動を開始。その後 ArnellGroupにてクリエティブとして活動し、2003 年の越後妻有トリエンナーレでアーティストに選出されたのをきっ かけに帰国。その後フリーランスのクリエイティブとして活躍後、 2006年にライゾマティクスを設立。建築で培ったロジカルな思 考を基に、アート・コマーシャルの領域で立体・インタラクティブ の作品を多数作り続けている。2009年より国内外の広告賞にて多数受賞。非常勤講師。2013年D&AD Digital Design部門審査員、2014年カンヌ国際広告賞Brand ed Content andEntertainment部門審査員。2015年ミラノ エキスポ日本館シアターコンテンツディレクター、 六本木アートナイト2015にてメディアアートディレクター。グッドデザイン賞20 15-2017審査員。2018年グッドデザイン賞審査委員副委員長。2020年ドバイ万博日本館クリエイティブアドバイザ ー。

NOSIGNER 太刀川 英輔氏 (たちかわ えいすけ)
デザインストラテジスト。NOSIGNER代表。慶應義塾大学大学院SDM特別招聘准教授。 1.ソーシャルデザインで美しい未来をつくる。(デザインの社会実装) 2.発想の仕組みを解明し、社会の進化を生む変革者を増やす。(デザインの知の構造化) この2つの目標を実現するため、NOSIGNERとしてソーシャルデザインの社会実装をしながら、イノベーター創出の教育者として、知と発想を生物の進化から学ぶ「進化思考」を提唱。大学や企業にてイノベーターを増やすために教鞭を執る。建築・グラフィック・プロダクト・アートの分野に精通し、それぞれの分野で世界的に評価される総合的なデザイナー。グッドデザイン賞金賞、アジアデザイン賞大賞(香港)など国内外のデザイン賞にて100以上の国際賞を受賞。またグッドデザイン賞・DIA Award(中国设计智造大奖)など、多くの国際賞の審査委員を歴任する。SDGsに代表される多くの社会課題、次世代エネルギー・地域活性・伝統産業・科学コミュニケーションなどの分野において企業や行政との共創から多くのプロジェクトを実現し、デザインで社会を進化させる活動を続けている。


<お問合わせ先>
東京地下ラボ事務局(岡田、及川、矢野、井上)
電話番号:03-3263-5628
FAX:03-3263-5623
MAIL:tokyogesuido@prk.co.jp

Tue Aug 20, 2019
12:00 AM - 11:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
首都大学東京/三河島水再生センター/葛西海浜公園/東京都庁
Tickets
学生(※応募多数の場合は選考いたします。) FULL
学生(※応募多数の場合は選考いたします。) FULL
Venue Address
〒192-0397 東京都八王子市南大沢1-1 Japan
Organizer
東京地下ラボ by東京都下水道局~下水道の魅力を編集の力で再発見~
117 Followers